Menu

Agave titanota ver Crazy VS Agave titanota cv.Black and Blue

梅雨入り宣言されたここ南の孤島…
アガベをどう管理しようか悩みどころの季節
Agave titanota ver Crazy
AGAVE titanota ver Crazy
雨ざらしに管理してるので白い棘が良い感じにエイジングされてワイルドな表情に仕上がっています。
かなり辛めに管理しているので脇芽が出てこないうちのAgave達…
白鯨とは対照的な Agave titanota cv.Black and Blue
agave titanota cv.Black and Blue
新葉の棘は黄色がかった感じのカラーから黒になり直射日光をガンガン当てるとワックスがかかりグレーがかってくる。
ここまで変化を楽しめるのはcv.Black and Blueの魅力です。

梅雨目前のG.W.

GW目前すっきりしない天気が続くここ南の孤島です。
この連休が終わるタイミングくらいで梅雨入りになります。
この梅雨時期がDyckiaにとって一番活着にいい気候で
最近迎え入れたDyckiaの安定を狙っています。

Dyckia ‘Bill Paylen’と一緒に導入したDyckia FXX。
やっぱりここ最近の日照不足で成長点付近が色抜けしています。
Dyckia FXX
ここから長〜い梅雨でどこまで色が抜けるかなのですが
梅雨明けすると一気にまた色を取りもどすのでその変化ももまたDyckiaの楽しみの一つです。
Dyckia FXX

氏からのお言葉|DYCKIA ‘Baker’s Domain’

今年最大級のクオリティなディッキアをカリフォルニアからお迎えすることができました。

DYCKIA ‘Baker’s Domain’

DYCKIA ‘Baker's Domain’2
連鋸歯の多さはこの固体独自の特徴なのか栽培するお方の腕なのか…
こいつを活着させるプレッシャーたるや’Bill Paylen’をも凌ぎます。
今から沖縄は梅雨の季節なので活着には良い気候だと思いますが
絶対に落とさないようにいつも通りに植え込みたいと思います。

この苗に関してのお世話になっている氏からも今までの育成苗何個かについての
お褒めのお言葉、ダメ出しも頂きました。
私の今の育成の力量の未熟さを痛感いたしました。
でも氏のありがたいお言葉この苗を手にしDyckiaの魅力を再認識するきっかけになりますます好きになりました。
DYCKIA ‘Baker's Domain’1

私のまだ見ぬ究極のDyckiaを求めながらもっとおもいっきり楽しみます。
もう1つの衝撃もまた追って紹介致します。